19歳の酒 公式ブログ › 2012年03月04日

『19歳の酒』について

※この記事はTOPに表示されます。新着更新記事は以下より表示いたします


泥だらけの田んぼで足が抜けなくなった事ありますか?
あぜ道に座り込んで青空見上げてオニギリ食べた事ありますか?
そして、お米が日本酒に生まれ変わる時の音を聞いた事がありますか?


まだお酒が飲めない、未成年の19歳。
そんな時から自ら、田植え→稲刈り→お酒の仕込みを経験して
20歳を迎えて初めて口にする日本酒が自分達で造ったお酒だったら・・・


めちゃくちゃ素敵だと思いませんか!?


そんな19歳の若者達を情熱溢れる酒屋と酒蔵さんや農家さん、
そして愛情たっぷり飲食店さん達がサポートします!!


という事で・・・

2017年3月31日時点で満19歳の、関西一円に住む男女求む!!

【参加費用】各回現地(滋賀県東近江市)までの各自交通費実費のみ
【募集期間&人数】2017年5月上旬頃まで 

【年間スケジュール】

  ★酒米の田植え 2017年5月中旬~下旬
  ★案山子作り 2017年7月下旬~8月上旬
  ★酒米の稲刈り 2017年9月後半の日曜日予定
  ★お酒の仕込み体験 2018年2月に予定
  ★搾りあがったお酒をタンクから利き酒 2018年3月上~中旬の日曜日予定
  ★2018年4月1日~ 『19歳の酒』発売開始!協力飲食店さんでも提供開始

【『19歳の酒』に関するお問い合わせ】 19sake@gmail.com
興味を持ってくださっている19歳もしくはお知り合いの方は、上記メールよりお問い合わせ下さい。
 
【エントリーフォーム】 
 


たくさんのご応募お待ちしております!!!

2012年03月04日

サポーティングショップご紹介!茨木市「串揚家 三文字」

え~、3月です。

もう春です。

春ですが寒いです。

寒いですが日本酒が旨いので、全然OKですけどね~~!


さて!
今回の企画「19歳の酒」を食の立場からサポートしてくれるお店をご紹介します!

まず1軒目は、阪急南茨木駅から徒歩数分のところにある串揚げ屋さん!



★「串揚家 三文字」

写真は店主の津田さん。
津田さんは幾つかの飲食店で様々な修行を経て、今の自分を表現出来るものは何かを考えた時、
単に揚げるだけじゃない。素材の持っているものを“揚げ”を通じて更に表現し、それを楽しく
味わって欲しいとの思いから10年前に南茨木の地で串揚げ屋さんを始めました。

そしてなかなかの行動派!

「串揚げと日本酒を合わせる」というテーマを持って日本酒を全て利き酒してから自分の店にあった
日本酒を販売する。そして時間がある限り、酒蔵さんを実際に訪問しています。


そして今回の「19歳の酒」企画も、飲食店として19歳をサポートしてくれますよー!

蔵も訪問し、自分の気に入った酒だけを置いているお店「串揚家 三文字」さん。
一度ふらっと寄ってみてくださいー!

愛想のなさそうな(笑)店長が旨い串揚げを食べさえてくれますよ~~(^_^)v

あ、そうそう!
昔の記事ですが、読売新聞に掲載された頃の記事がネットにあったので、よかったら見てみてくださいー!

◆読売新聞の記事「串揚家三文字」

あともうひとつ!

阪急南茨木駅といえば、最近これが有名!



サン・チャイルド!
駅前にでっかいモニュメントが登場してますよー!



★串揚家 三文字
大阪府茨木市沢良宜西1-7-22
072-633-0494
17:00~22:00 月曜、第3火曜休  


Posted by 19sake at 11:33Comments(0)サポート飲食店さん